ビデオ会議・電話会議のコーラス・コールアジア

Chorus Call Asia とは

Chorus Call Asia株式会社<コーラス・コールアジア>は
米国・Chorus Call社日立ハイテクノロジーズによるジョイントベンチャーです。

  • 30年以上、全世界で自社製品での
    会議サービスを提供

  • 15年以上、日本国内で会議システム
    構築・販売、サポートを提供

2社の経験の融合で、アジア地域のお客様に
これまでにない多地点遠隔コミュニケーションをクラウドで提供いたします。

Chorus Call Asiaの誕生について

Chorus Call Asiaの設立は、米国ピッツバーグに本社を置き50年の歴史を誇る通信機器メーカーCompunetix Inc.(現Chorus Call グループの通信機器メーカー) と日立グループの商事会社である日立ハイテクノロジーズの出会いから始まりました。

Compunetix Inc.は、その卓越した技術と事業の先見性より、自社開発した製品を幅広くお客様にご利用いただくことを目的に1996年に設立したChorus Call Inc.を通し、全世界にビデオ、音声、Webのコミュニケーション接続サービスを他社に先駆け展開しておりました。一方、日立ハイテクノロジーズでは、2000年よりビデオ会議システムの市場へ参入し、世界のユニークかつ一流の製品を、日立ハイテクで独自開発した製品と顧客密着のサポートを付加し、日本のお客様へご紹介してまいりました。そうした中、Compunetixと日立ハイテクノロジーズは2008年に出会います。アジア市場への本格進出を準備していたCompunetix、Chorus Call Inc.と、日本の様々なお客様のご要望をお聞きする中でクラウド事業の必要性を強烈に感じた日立ハイテクノロジーズが、互いへの尊敬と強い信頼関係から、日本及びアジア各国のお客様へコミュニケーションクラウドのサービスをご提供する会社を設立することに合意し、2013年4月にChorus Call Inc.と日立ハイテクノロジーズのジョイントベンチャーカンパニーとしてChorus Call Asiaが誕生しました。

Compuneix Inc.の開発する世界最先端の通信機器を使用し、ビデオ、音声、Webといった様々な種類のコミュニケーションツールを、同一会社で、多様性のあるお客様ニーズに応えるべくクラウドで提供する。Chorus Call Asiaはそういう会社です。

両社が過去に培ってきた歴史、経験、企業文化を、Chorus Call Asiaが融合し、お客様へ、お客様が望むサービスを、お客様の立場で、お客様が望む品質で、開発、提供、サポートする。アジアNo.1のコミュニケーションサービスプロバイダを目指し、皆様への貢献を第一に考え進んでまいります。

お問い合わせはお気軽に
  • 0120-935-614
  • 050-5837-9810

受付時間
月-金9:00-17:30

資料請求・お問い合わせフォーム
ビデオ会議サービス・電話会議サービス・WEB会議サービスすぐに試せる!2週間無料トライアル
すぐに試せる!2週間無料トライアル
トライアルのお申込みフォーム

PICKUP

ページのトップへ