USE CASEユースケース

ビデオ会議を活用して社長メッセージを全国の拠点に配信

全国に100以上の拠点を持つ金融業A社。複数拠点間のコミュニケーション強化のために、ビデオ会議サービスを導入した。導入はしたものの、全国の拠点の幹部会議など、大きな会議の時にしか利用をする機会がなかったため、他に活用方法はないか検討。社長からのメッセージをビデオ会議を利用して配信することにした。

全国100を超える拠点のコミュニケーション強化 社長メッセージをビデオ会議を利用して配信

 

会議のみならず、全社員に向けたメッセージ配信にも

会議サービスということで、一般的に双方向のやり取りのためのツールというイメージが強いビデオ会議サービス。ほかに活用方法は、ということで、毎月初日に社長から全社員向けに発信していたメッセージを、ビデオ会議を利用して配信することにした。今までは、事前に録画したものを各拠点ごとに視聴していたが、メッセージとは言ってもカメラに向かってしゃべっているだけ、臨場感に欠けることもあり、どうしてもどこか冷めた気持ちで見てしまう社員が大多数だった。
しかし、ビデオ会議サービスを活用して、リアルタイムにメッセージを発信することで、社員側にも社長の「生の声」を聞いているという意識が芽生え、より真剣な表情で社長メッセージを聞くようになった。場所は違えど同じ時間を共有するというだけで、社員のモチベーションアップにつながったのである。

自席のPCやモバイル端末からでも視聴可能

CCAのビデオ会議サービスなら、社長メッセージのためだけにビデオ会議端末を起動させる必要もない。PCからビデオ会議に接続できるモバイルビデオ会議ソフトが無償で利用できるため、社員は自分の席のPCで、社長メッセージを聞くことができるのである。PCだけでなくスマートフォンやタブレットからもビデオ会議に接続することができるので、出張などで会社を不在にしていても、モバイル端末から視聴することが可能なのだ。

ビデオ会議は思っているよりずっと手軽

ビデオ会議サービスを活用して全社に配信をすることで、社員の間にも「ビデオ会議は思っているより手軽」ということが浸透したようだ。全拠点の幹部会議だけでなく、グループ内会議や取引先との会議でも、ビデオ会議を活用する社員が増加した。
 

関連するCCAサービス

PICK UP

CONTACT

お客様のご要望やさまざまなご状況に応じたご提案が可能です。
お気軽にお問い合わせください。

0120-935-614050050-5837-9810

受付時間:月〜金 9:00〜17:30