USE CASEユースケース

最新の製品情報セミナーをWeb会議を使って実施、双方向性も実現

全国に営業拠点を持つIT関連会社F社は、東名阪の主要地区で定期的にセミナーを開催し、新製品情報や専門家からの業界・技術動向などを紹介していた。ところが参加者は遠方からはなかなか集まりにくく、会場費など諸々の経費や手間がかかる割には効率が悪かった。
そこで、Web会議サービスの導入に踏み切った。

移動コスト、会場費等の削減 遠隔地からの参加者の受講機会の向上 質疑応答、アンケート集計など双方向のコミュニケーションも実現

 

通常業務への影響を最小限に抑制

会場費や出張費の削減につながるだけでなく、セミナー会場への出張準備や移動することでの疲労や慌ただしさなどから解放されたことも、WEB会議サービスの導入による大きな効果でした。

セミナーへの参加率が向上

主催者側の業務の効率化はもとより、遠隔地からのお客様からもオフィスの自席からセミナーに参加できることで大変好評でした。その効果は、参加者数の増加という形ですぐに現われました。多くのお客様に新製品の情報を知っていただけたことで、各拠点の活性化にもつながったようです。

参加者の反応もタイムリーに把握でき、手応えを確認

Web会議といっても、主催者側からの一方通行の説明ではなく、参加者からの質問を受け付けられたり、簡単なアンケートで参加者の感想や要望などを聞くこともできたので、会場セミナーのような一体感を感じました。

録画、録音機能も便利

セミナーの録画や録音も簡単にできるので、セミナーの欠席者には記録したファイルを再生してもらうことで同じ情報を共有してもらっています。
 

関連するCCAサービス

PICK UP

CONTACT

お客様のご要望やさまざまなご状況に応じたご提案が可能です。
お気軽にお問い合わせください。

0120-935-614050050-5837-9810

受付時間:月〜金 9:00〜17:30