USE CASEユースケース

IR説明会を会場集合型から電話会議に切替え、IR活動がより効率的に

半導体メーカのE社では、これまでは会場に投資家を招きIR説明会(決算報告)を行っていた。しかし、NISAを活用し投資に前向きな個人投資家も増え、全国にいる個人投資家に平等にIR説明会(決算報告)を実施するための方法を模索し始めていた。また最近、時間のやりくりに苦慮する機関投資家よりIR説明会に電話会議を導入して欲しいとの要望を受けたこともあり、電話を活用したIR説明会への移行を決断した。

移動コスト、移動時間不要 潜在的投資家層の拡大 専門オペレーターが円滑に会議を進行

 

企業、投資家双方にとってのコスト削減、時間の効率化

企業にとってはIR説明会の会場を押さえることも、設営の準備も必要ありません。静かな部屋と電話さえあればIR説明会を行えるので、時間の大幅な短縮につながりました。アナリストやファンドマネージャーも業務の多忙を極めており、IR説明会参加のためのスケジュール調整が楽になり時間の効率化につながったと大変喜んでいただけました。

個人投資家の増加に伴い大変有効な手段

全国に広がる個人投資家にとって、交通費を負担し決められた時間にIR説明会の会場に出向くのには無理があります。その点、オフィスや自宅にいながらにして投資している企業のIR説明会(決算報告)を聞けることは大変便利です。個人投資家をこれからも増やしていきたいと考える企業には、有効な手段であると今回実感できました。

海外投資家にも安心な会議運営でサポート

電話会議運営の専用のオペレーターがIR担当者と連携を取りながらIR説明会の司会、進行までサポートしてくれました。CCAのオペレーターさんは英語も堪能なので、IR説明会に電話会議で参加される海外投資家への対応も安心して任せることができました。

PICK UP

CONTACT

お客様のご要望やさまざまなご状況に応じたご提案が可能です。
お気軽にお問い合わせください。

0120-935-614050050-5837-9810

受付時間:月〜金 9:00〜17:30