CCA REPORT遠隔コミュニケーションを知る

コミュニケーションがもっとスムーズに!会議室の臨場感まで伝える高音質音声会議サービス

2015.08.25

遠隔地にいる相手と、スムーズにコミュニケーションがとれることが、音声会議サービスの基本にして最大の特徴です。海外に拠点を構える企業の増加やビジネスのグローバル化にともない、その重要性はますます増しています。 ところで、この音声会議の音質が飛躍的にアップするサービスが登場し、注目を集めているのをご存知でしょうか。それは高音質(HD)音声会議サービスと呼ばれるもので、これまで以上に会議の臨場感が増すとされています。いったい従来のものと何が違うのか、ご紹介しましょう。

帯域が狭いと、どうして聞き取りづらい?

高音質(HD)音声会議サービスとは、音声の帯域を広くした音声会議サービスのこと。音声帯域を7kHzまで拡大することにより、クリアな音質を実現しています。
この数字だけでピンとくる人は少ないでしょう。実は、一般的な電話の上限帯域は3.5kHzとされているのです。この帯域でも会話自体は可能ですが、音の帯域が広くなることで「話しやすさ」「聞き取りやすさ」が飛躍的に向上するのです。
例えば、電話で名前を聞き取ってもらえない、という経験がある人は多いのではないでしょうか。自分の名前は「篠崎(しのざき)」なのに、何度言っても「伊野崎(いのざき)」や「木崎(きのざき)」と間違われてしまう。なかには、面倒さのあまり、間違えられたまま会話を続けてしまうという、苦い思いをしたことのある人もいるかもしれません。
こうした現象は、実は音の帯域に原因があるのです。
日本語の音は基本的に子音+母音で構成されていますが、「s」や「k」などの子音の成分は、3.5kHz以上の高帯域に多く含まれています。ところが、一般的な電話は3.5kHzまでしかフォローしておらず、どんなにしっかり発音しているつもりでも聞きづらくなってしまいます。そのため「し」と「き」を聞き間違えてしまったり、子音が飛んでしまって「い」と聞こえてしまったりする場合があるのです。
このような聞き間違いは、日本語であれば文脈から推測することも容易かもしれません。しかし、海外拠点と日本語以外の言葉で会話をしている場合、致命的なコミュニケーションミスの原因にもなりかねません。
例えば「I was sailing in college.(私は大学でヨット部に入っていました)」を「I was failing in college.(私は大学で落第しそうになっていました)」と聞き間違えてしまうと……いかがでしょうか。子音ひとつのほんの小さな聞き間違いですが、今後の人間関係にまで影響を及ぼしそうな間違いになりかねません。

音質はこれまで以上にすっきりクリア、会議にも好影響をもたらす

高帯域がカバーされることでこうした聞き間違いを減らし、コミュニケーションをスムーズにするのが高音質(HD)音声会議サービスの効果です。具体的には、どのようなメリットがあるのでしょうか。一般的には以下の3点が指摘されています。

1. 会話に必要以上に集中しなくてもよい

「し」や「き」などの子音が聞き取りづらく、文脈から意味を想像しないといけないような状況では、会議の内容に集中するのは簡単ではありません。音声がクリアになることで余計なストレスを取り除き、議題に集中できるという効果があります。

2. 聞き間違いが少なくなる

聞き取れない音を確認しようとすると、そのたびに会議は中断されてしまいます。さらには1度で聞き取れず、何度も聞き直しているうちに声が大きくなり、必要以上にエキサイトしてしまう、という場面に出くわすこともしばしばです。これでは冷静に会議を行うこともできません。

3. 音声がクリアに、臨場感が増す

高帯域の音までカバーすることで、普段耳にしているような、自然な音声を再現することができます。会議の資料をめくる音まで聞こえてくるほどのクリアさは、まるで隣にいる人と話しているかのような臨場感にひたることができるでしょう。

小さな聞こえ方の違いが、コミュニケーション全体に大きな影響を及ぼす

言葉にするとほんの小さな違いですが、実際に高音質(HD)音声会議サービスを体験してみると、その音のクリアさがはっきりと実感できます。この違いが、コミュニケーション全体に大きな影響を及ぼすことは言うまでもありません。これまで音声が聞き取りづらいと感じていた方は、ぜひサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

参考:聞こえやすい周波数帯とは | 声総研

参考:高周波成分とは | 声総研

参考:HD音声会議サービス|コーラス・コール アジア

PICK UP

CONTACT

お客様のご要望やさまざまなご状況に応じたご提案が可能です。
お気軽にお問い合わせください。

0120-935-614050050-5837-9810

受付時間:月〜金 9:00〜17:30