ビデオ会議・電話会議のコーラス・コールアジア

CCA REPORT遠隔コミュニケーションを知る

[遠隔コミュニケーションを知る] CCA REPORT

訪日外国人増加で需要が高まるオンライン英会話にビデオ会議が一役

C1-2東京オリンピックに向けて需要が高まるオンライン英会話にビデオ会議が一役

訪日外国人が増加を続ける昨今、英会話の人気は衰えを知りません。特に、安価で手軽に始められるオンライン英会話の市場が拡大しています。そのほとんどが無償で使える通話アプリを利用していますが、すぐに接続が途切れるという通話品質の問題も……。「会話」をサービスとして提供するビジネスにおいて、これは頭の痛い問題です。しかし、ビデオ会議(TV会議)を利用すれば快適で顧客満足度の高いサービスを提供できます。

変わらぬ英会話への需要。変化する学習スタイル

習い事やスクールの情報提供誌『ケイコとマナブ」の調査によると、2013、2014年と2年連続で「やってみたい習い事」の第1位が英会話となっています。また、TOEICを実施する国際ビジネスコミュニケーション協会による「上場企業における英語活用実態調査」報告書では、実に75%の企業が英語を業務で使用すると回答しています。同調査によると、過半数の企業がグローバルな人材育成を行っており、具体的な取り組みとして英語研修を行っている企業は8割に上ります。楽天やユニクロなどの大手企業で英語の社内公用語化が発表されたり、中学校・高校での授業をオールイングリッシュ化する方針が打ち出されたり、と英会話の需要はますます高まっていると言えるでしょう。しかし、多忙なビジネスパーソンにとって、決まった時間に英会話スクールに通学するのは至難の業です。そんな中、安価でフレキシブルに受講できるオンライン英会話が注目を集めています。

従来のフリーソフト利用に潜む問題点をビデオ会議が解決

オンライン英会話は、その名の通り自宅のPCでインターネットを通じて英会話を学ぶサービスです。通学の必要がないため、忙しいビジネスパーソンでも自分のペースで受講できます。そういったフレキシブルな受講スタイルが人気のポイントですが、現在はそのほとんどがスカイプのようなフリーソフトを利用しています。提供者側にとってコストがかからない点が魅力ですが、利用者からは「回線が途切れやすい」という声もあがっています。また、ハウリングや雑音が発生したり、音声に遅れが生じたりするなど、品質は決して良いとは言えません。これはコミュニケーションを学ぶ英会話にとって致命的です。

これらの問題は、クラウドサービス型のビデオ会議の利用で一気に解決します。音声に加えて高画質な映像で、アイコンタクトまでばっちり。受講者はまるで教室で講師と一緒にいるような感覚でしっかりとコミュニケーションをとることができます。

顧客の「あったらいいな」を形に―ビデオ会議で顧客満足度アップ

フレキシブルな受講スタイルに加え、安価なレッスン料もオンライン英会話の大きな魅力となっています。高額なツールを導入してしまっては逆効果ですが、コーラスコール・アジアのビデオ会議は「使った分だけ」の従量課金制システムを採用しており、低コストでの実現が可能です。レッスン受講が少ないときに、最大受講時に合わせた月額利用料を支払うことはありません。必要なときに必要な分だけ利用できます。わずかな金額で実現できる快適なコミュニケーションツールは、サービス提供者にとって大きな強みになるでしょう。

また、ビデオ会議の導入は、他社にはない顧客の「あったらいいな」の実現につながります。英会話を学ぶ中で、誰もが一度は「あの時、先生なんて言ってたかな」という思いを経験するでしょう。レッスン中は会話に集中しているため、きちんとしたメモはとれないものです。しかし、ビデオ会議を利用すれば、オンラインの授業を録画しておくことが可能です。聞き逃した部分を復習するのはもちろんのこと、メモだけでは確認できない、講師の言い回しや発音も聞きなおすことができます。効率的な「復習」サービスの提供は、顧客の満足度アップに大きく貢献します。

お問い合わせはお気軽に
  • 0120-935-614
  • 050-5837-9810

受付時間
月-金9:00-17:30

資料請求・お問い合わせフォーム
ビデオ会議サービス・電話会議サービス・WEB会議サービスすぐに試せる!2週間無料トライアル
すぐに試せる!2週間無料トライアル
トライアルのお申込みフォーム

PICKUP

ページのトップへ