ビデオ会議・電話会議のコーラス・コールアジア

CCA REPORT遠隔コミュニケーションを知る

[遠隔コミュニケーションを知る] CCA REPORT

オークションに活躍 電話会議システムによる電話入札

オークションイメージ

希少価値の高い名品を競り落とすオークション。投資家や大富豪が高額で落札する光景は、見ているだけでも興奮してしまいます。こうしたオークションの中には、会場に出向くことなくオペレータに電話をかけて入札を受け付けているところがあります。この電話入札に電話会議システムを導入すれば、企業でも全国規模のオークションを容易に開催でき、顧客と交流を深めるさまざまなイベントにも応用できそうです。

会場オークションでは電話による入札も実施

会場で開催するオークションでは、入札者はパドルと呼ばれる番号札を上げて金額を提示しながら競り合います。そして、入札者が一人に絞られると、競売人(オークショニア)がハンマーを叩いて落札を宣言し、最終価格が決定します。俗に言うハンマープライスです。

オークション会場を見渡すと、傍らにコールセンターのような電話受付のブースを構えていることがあります。当日、会場に出席できない人でも電話を通じての入札、すなわち電話入札をできるようにしているのです。

電話入札をするには、事前にオークションの主催者へ電話での入札を希望する手続きをしておきます。そして、指定された電話番号に電話をかけ、会場内にいるオペレータに入札金額を伝えます。オペレータは、会場内の入札者と同じようにパドルを掲げて金額提示を代行します。

電話入札のメリットは、海外在住の人がオークションの開催地に赴かなくても入札ができる点です。世界中から入札者が集うオークションでは、電話入札によって競りを活発にさせる効果をもたらしています。

電話会議システムで効率的な電話入札を実現

オークションでの電話入札に電話会議システムを導入し、専門スタッフの派遣も受ければ、より効率的な運用ができそうです。

電話会議システムの長所は、参加する人を限定できる点です。オークションの場合、入札用の電話番号を知ってしまえば誰でも飛び入り参加ができてしまいます。電話会議システムでは、事前に登録された人だけしか回線を利用できません。したがって、事前に申し込みをした人のみ入札に参加できる環境を整えられます。

専門のオペレータの派遣も大きな利点です。電話入札は一分一秒を争う真剣勝負です。それだけに、オークションが始まれば、電話入札者は興奮した声で入札額を伝えてくるでしょう。電話入札では相手の声を確実に聞き取ることのできる熟練のオペレータが担当しないと入札の代行がうまくできません。

入札中に回線が切れたりすれば、せっかくの電話入札も台無しです。オペレータに加え、技術スタッフのサポートもあれば電話会議システムの設置と安定した回線の提供を受けられます。

また、電話入札は会場参加者と同じように入札できなければいけません。専門スタッフの協力が得られる電話会議システムを利用すれば、効率的な電話入札が可能になるでしょう。

電話会議システムを使った入札は全国規模のオークションを容易に

小売業を営む企業では、今では入手困難なデッドストック品が倉庫に眠っていることがよくあります。こうした商品を販売するとき、オークションの開催は効果的です。その際、電話会議システムによる電話入札を実施すれば、全国規模でのオークションを容易に開催できます。あわせて、ライブオンデマンドを使った映像配信も取り入れれば、会場とネットを併用したイベントとして実施できます。

電話会議システムとサポートスタッフの両方を受けられるサービスを利用すれば、企業側はオークションの進行に専念できます。そのため、不慣れなオークション準備の負担も軽減できるでしょう。

企業イベントにオークションを取り入れ、電話会議システムを使った電話入札を実施すれば、会場を盛り上げるのに大きく貢献するでしょう。オークションのみならず、即売会のような顧客との交流を深めるイベントにも応用できそうです。

お問い合わせはお気軽に
  • 0120-935-614
  • 050-5837-9810

受付時間
月-金9:00-17:30

資料請求・お問い合わせフォーム
ビデオ会議サービス・電話会議サービス・WEB会議サービスすぐに試せる!2週間無料トライアル
すぐに試せる!2週間無料トライアル
トライアルのお申込みフォーム

PICKUP

ページのトップへ