ビデオ会議・電話会議のコーラス・コールアジア

CCA REPORT遠隔コミュニケーションを知る

[遠隔コミュニケーションを知る] CCA REPORT

電話会議で地方のエンジニアや、ワーカーの生産性がアップ!?

growth

近年、クラウドソーシングが普及し、地方で働くエンジニアやワーカーが増えてきています。働く場所を選べる時代になってきている今、課題とされるのが社内間、社外間のコミュニケーション。仕事の質や効率を上げるためには、スムーズなやり取りを心がけたいものです。 そこで今回、コミュニケーションツールとして最適だと考えられる「電話会議サービス」の活用事例を見ながらその実態に迫ってみたいと思います。

いまさら聞けない、電話会議の仕組みとは?

1対1の通話で使用される電話とは違い、3人以上の通話を可能にしたサービスが「電話会議」です。3か所以上の場所に電話回線を接続させ、同時に全員と対話ができる特徴を持ち合わせています。時間や場所を選ばず、会議に必要な参加者が電話を通じて気軽に参加することができ、迅速に情報共有・意思決定ができることが大きなポイントです。参加者のスケジュール調整や会議室を確保するなどの事前準備の手間を取り払うだけでなく、会議のための出張費用を抑えられ、移動による時間とコストの削減ができるのが「電話会議」ならではのメリットです。

地方で働くエンジニアの「電話会議サービス」の活用事例

地方でエンジニアとして約2年過ごしてきたAさん。都内で8年間SEの仕事をし、もともと祖父母の家がある山口県に移住しました。それまで、Aさんの仕事は客先に常駐して依頼元のシステム開発をすることが多く、本社には報告のために週に1、2回ほど出勤するスタイルを取っていました。

地方ワーカーの強い味方になり得る電話会議

地方でネットを使って仕事ができるからといって、打ち合わせもネット会議上で気軽に行えると思ってしまうかもしれませんが、出張先や移動中などでは、必ずしも良好な通信環境が確保されているとは限りません。

お問い合わせはお気軽に
  • 0120-935-614
  • 050-5837-9810

受付時間
月-金9:00-17:30

資料請求・お問い合わせフォーム
ビデオ会議サービス・電話会議サービス・WEB会議サービスすぐに試せる!2週間無料トライアル
すぐに試せる!2週間無料トライアル
トライアルのお申込みフォーム

PICKUP